”MY NZ LIFE” ~自分らしく~

日本の生活から一転、移住先のNew Zealandで”0”から始める自分らしい生き方を、日々の出来事とともにつぶやいてます。

Interim Visa

2月に入ったけど、相変わらず暑い夏が続いてます。

今日は低気圧の影響で朝から強い風が吹いてるよ。

天気はいいけど、海も結構荒れてたし。


今年は湿気が多いと感じるから、疲れがハンパないね。


そうそうVISAだけど、1/31が期限で1/29になんとか更新ができたよ。


とりあえず一安心なんだけどね。

なんでこんなギリギリかっていうと、話せば長くなるけど、まずNZの学校の職員のSummer Holidayが長過ぎってのが問題だったんだよね。


12/16〜1/7までが学校の公休日で、それとは別に、職員が有給も取ってるもんだから、休み期間が長くて、おまけに代わりの担当者にも連絡つかないし、もちろんメールも見てないからどうしようもなかったんだよね。

それで、1//15頃にようやく手続きが始まったって感じなんだよね...


しかもこの国だからかもしれないけど、定時が来たら仕事途中でも帰るし、イミグレに連絡して欲しい旨頼んでも、話し中だよってそれで終わり。何回も聞いてくださいねよ...それが仕事でしょ?と言いたかったですね、ほんと

あり得ないわ...


で、結局自分で、イミグレに電話して、30分ほど待たされた挙句、事情説明した挙句、学校の担当者に説明したという..訳がわからんよ。


そもそも入学申請した時に、選択したコースの定員が足りないからコースを取りやめるかもしれないって言う話から始まり、的を得た回答が出ないまま、なんやかんやで調整して、ようやくコースも決まって、学校に学費を払い、入学許可証をもらったんだけど、なぜか、イミグレが学校が決めていないコースに学生ビザは出せないってことで、学生ビザが出ず、代わりにInterim Visaという暫定ビザを貰ったんだ。

こういうビザです。

っていうか、決まってないコースになんで入学許可が出るのかって事と、学費が算出できたのかが不思議なんだよねー。


ところが、そのビザでは今度は学校は入学を許可しないと言ってきて、「はあ?」って感じになり、ビザに「NZ内の全ての学校及び全ての教育をこのビザで対応可能」と書いてある旨説明して、コピーをメールで転送したんだ。


そうしたら、彼らは自分の勘違いを認めて、なんとかビザをゲット出来たんだよね。


日本にずっといたらたぶんアウトでした。ギリギリだったけど、間に合ってほんとよかった。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。