”MY NZ LIFE” ~自分らしく~

日本の生活から一転、移住先のNew Zealandで”0”から始める自分らしい生き方を、日々の出来事とともにつぶやいてます。

ワイン造り(その1)

知り合いのfarmerの方から、たくさんの葡萄を頂いたよ。こんな感じで作られているんだ。


この国に来た目的でもあるワイン造りを、自家製で出来るのかどうか試してみる事にしたよ。


なにせこの量だからね〜、ほんとありがとうございます。


ネットで検索しながらだったけど、初めての自家製ワイン造りをスタートしたよ!


まずは葡萄を入れる容器を洗い、そこに葡萄の果肉、果皮、小枝を投入。

葡萄の果皮には天然の酵母菌がいっぱいついてるからね。


ちなみにこの葡萄は“ブラックハンブルグ”というアメリカの種類のものらしい。

もちろんワイン用の葡萄ではなく、生食用で食べるものなんだけどサイズの不揃いとか、見た目の悪さで販売は出来ないって事で、処分するという事だったので、頂いたという経緯です。


食用葡萄でもワインは作れるしね!

いい練習になります。


葡萄は全部で32房。結構な量です。


次に 葡萄を潰していきます。

結構大変で地味な作業だった。1時間くらいやってたなぁ...


潰し終わった葡萄に砂糖を投入。

砂糖は補糖の役割があって、甘みを出すというよりも、アルコール度数をあげる目的があるとの事です。

日本だと酒税法に該当するから日本じゃ出来ないね。

って事で、これであとは一時発酵を待つばかり。

調べてみると1〜2週間程度で発酵するらしいので、とりあえずは待つしかないかな。ついでに葡萄ジュースも一緒に作ってみました。


うまく自然発酵してくれればいいけど!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。